御坂黒岳の黒石

先に謝っておきます。
御坂黒岳は、富士箱根伊豆国立公園と山梨県笛吹市の境界です。
どちらの所有物になるのか、わかりませんが申し訳ございません。
御坂黒岳で小さな石を拾ってきてしまいました。

子連れのハイキングで、天下茶屋〜御坂山〜黒岳〜新道峠を経て大石まで廻りましたが、

御坂黒岳0

途中、黒岳山頂付近で真黒な石が沢山あるのに驚き、
これが黒岳の由来なのか、また、なんでこんなところで黒曜石なんかあるのだろう。
等と思いつつ小さな石を拾ってきました。

御坂黒岳1

帰って来て調べると、半分正解、半分間違いでした。

黒岳という名前の山は全国に沢山あるので、御坂山塊の最高峰のことを
他の黒岳と区別する意味で、一般的に御坂黒岳(みさかくろだけ)と呼んでいます。

御坂黒岳の由来は諸説あるようで、
/僕媼などの黒い木々に覆われている
∋劃塞瑤詫醉媼で、その紅葉が黒褐色に見える
4笋里海箸「クラ」といい、河口湖側から山頂付近に大岩が見えて、その「クラ」がなまった
などのようです。

今回、発見した黒い石ですが、部分部分に砂岩や玄武岩に見える部分があり、
少し磨けば、本来の発色が確認できるだろうと、ヤスリで磨いたところ、
玄武岩(グリーンタフかな?)でした。

御坂黒岳2


なぜ黒くなったのか、なぜ黒岳の山頂だけにあったのでしょうか?

その答えは、上の´△任后

玄武岩の上に、積もった樹木や葉の黒色が、
何万年・もしくは何十万年の時をかけて、岩の表面にしみ付いたようです。
洗ったぐらいでは取れません。何万年分の垢とも言えます。

驚きました。凄いですね。

author : HUNDREDSOFT | - | -

ベネッセ個人情報流出

当初のニュースに関しては、 こちら [ベネッセ個人情報流出事件]に詳しく書かれています。
当初(2014.07.09)、2070万件とされた情報漏えいは、2014.09.10には、3500万件に拡大しています。

子供向けの情報産業を得意とする企業なので、心配はしていましたが、
とうとう、漏洩通知がベネッセから届いてしまいました。



電子マネーもしくは図書券500円という、まったく役に立たないようなお詫びの申し込みをせよ、
もしくは、ベネッセの慈善事業に寄付せよ。
という、驚いた内容です。



子供が小さい頃に、「しまじろう」の何かで登録した記憶はありますが、
その頃の住所とは変わっているので、「転送不可」の郵便が届くことは理解に苦しみます。
何らかの方法で追跡調査がなされたのでしょうか。

別の「何か」で情報漏洩したのなら、その「何か」を教えてもらいたいものです。
2度と使いませんので。

まずは、漏洩してしまった(ベネッセが持つ)情報を全て破棄してほしい。

コールセンターに電話すると、「情報が見れなくなっている」と言う。
おそらく「こどもちゃれんじ」退会時に、データ削除を依頼したのではないか、とも。
退会は10年以上前のことなので覚えていないし、なぜ、このような手紙が届くのか理解できない。
すると、一部のデータは見れるとも言っていた、もう何が何だか。

返信はがきには、情報削除依頼のチェック欄があるが、はたしてどこまで消去してくれるのだろう。

一度漏洩したデータがこの世から消えることはないでしょうが、
情報元ソースとのマッチが取れなくなれば、データの信用性は低くなり、いつかは消えていくかもしれません。
クレーム対応として必要ならば、ベネッセと関わらない第3者機関に移して頂きたい。
少なくとも、ベネッセの冠が付いた機関は、勘弁してほしい。

クレジットの内容は漏れていないと書かれていますが、
今の状況でどこまで信用してよいのでしょう。(鬱


author : HUNDREDSOFT | - | -

ウミガメを見つけた

続きを読む>>
author : HUNDREDSOFT | - | -